記事一覧

聖火特別輸送機“TOKYO 2020号” ~月刊エアライン2020年5月号



航空ファンのみなさま、こんばんは。
コロナウイルス感染は依然として世界中に拡大しておりますが、いつになったら収束するのでしょうか?
長引けば長引くほど航空業界にとっては大逆風となりますね・・・。

さて月刊エアラインはなんと創刊40周年を迎えております。
そんな最新号の特集は
二社が力を合わせたオリンピック聖火空輸
聖火特別輸送機 “TOKYO 2020号”
です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AIRLINE (エアライン) 2020年 05月号 [雑誌]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/4/5時点)



今月号の内容は

◎ 特集 二社が力を合わせたオリンピック聖火空輸
  聖火特別輸送機 “TOKYO 2020号”
  3.18 羽田発アテネ行き、GOGO2020便
  3.20 航空自衛隊松島基地聖火到着式
  
3月20日、主翼を大きく上方へと反らせ着陸したボーイング787は、登録記号JA837J。昨年10月にデザインがアンベールされた聖火特別輸送機の“TOKYO 2020号”であった。
3月18日に羽田空港を出発した同機は、古代オリンピック発祥の地、オリンピアのヘラ神殿にて採火した聖火をアテネから運び、この日、宮城県の航空自衛隊 松島基地に到着。
運航面では、ともに今大会のオフィシャルパートナーであるJALとANAが協力して、この輸送ミッションを成功裏に終えた。
最新号では、JAL・ANAの両社員が手を振り見送った羽田空港112番スポットでの出発セレモニー、そして松島基地での聖火到着式典の模様を記録。歴史的フライトの模様をリポートする。

◎ 最新ライブラリーで語る日本の旅客機コレクション
  スペシャルマーキング研究
 
施工が容易なラッピングフィルムであるデカールの普及と印刷技術の向上にともない、近年では特別塗装機が続々と登場している。デビューしたばかりのJAL「日本博」特別機やHACのATR42初号機をはじめ、オフィシャルエアラインのJAL/ANA2社が共闘するオリンピック特別塗装、新機材の優位性をアピールするJAL A350XWB、ライバルの牙城を切り崩すための切り札ANA FLYING HONU、さらにはリージョナルエアラインの地域に密着した取り組みまで、日本の空を彩る最新ライブリーを総覧。航空会社が特別塗装機を就航させる狙いはどこにあるのか。航空機をキャンバスに見立て、何を描き、何を訴求するのか。現役の特別塗装機から見えてくる、エアラインブランディングの側面をウォッチ!

◎ 三菱スペースジェット10号機、ANA・JAL新機材、777X、
  日本のLCC動向、羽田新ルート・・・注目のヒコーキNEWSを読み解く!
  航空トレンド最前線2020


3.29 第2ターミナル国際線施設共用開始 「第3ターミナル」でも進むリニューアル
  変わる!あたらしい羽田空港国際線


◎ 国際線減便・運休の嵐で各社に未曽有の試練
  「COVID-19」航空業界へのインパクト
  変遷/ラインナップ展開/エンジン/効率性とレンジパフォーマンス/運用状況
  
イカロス出版
その他、内容盛りだくさんです!

まだお買い求めでない方はこちらからどうぞ。
楽天ブックスは送料無料です。

    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

おすすめ

広告

プロフィール

5月の雪

Author:5月の雪
飛行機、鉄道、車と乗り物全般が大好きです。
見ること、乗ることが好きです。知識はやや広めかつ浅く(部分的に掘り下げる)です…。
2015年にSFCを取得し、調子に乗って2016年はJGCを取得しました。
移動手段としてだけでなく、目的として飛行機に乗ることも楽しんでおります。

ANA:SFC Platinum
JAL:JGC SAPPHIRE
DELTA:Silver Medallion
HILTON:なんちゃってGold member
Marriott(SPG):なんちゃってGold member

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告