記事一覧

ボーイングとエアバス、ワイドボディ機とシングルアイル機、それぞれの核心



航空ファンのみなさま、こんばんは。
コロナウイルスの影響もあり2月末のフライトを泣く泣くキャンセルしたい乗り男です。
初のJAL国際線も予定していたのに…
しかも初のJALビジネスクラスだったのに(´;ω;`)ウッ…
早く収束してほしいものです。

さて月刊エアラインの最新号は絶賛発売中です。
特集は
ボーイングとエアバス、ワイドボディ機とシングルアイル機、それぞれの核心です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AIRLINE (エアライン) 2020年 04月号 [雑誌]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/3/4時点)




今月号の内容は
ボーイングとエアバス、ワイドボディ機とシングルアイル機、それぞれの核心
777X vs. A350XWB
737MAX vs. A320neo

ボーイングの次期ワイドボディ機、777Xが初飛行に飛び立つ。飛行停止中の737MAXは2020年6月頃の再開に備える。ボーイングに対して、エアバスは“777キラー”ことA350-1000で迎え撃ち、A320neoは敵失を受けて独走へ走り出す。両社が真っ向から対決するワイドボディ(広胴)機とシングルアイル(単通路)機において両メーカーの民間航空機戦略上もっとも重要な4機種シリーズを最新情報で徹底比較リポートする。

◎ 2020.01.25 ついに飛んだ!3時間51分のマイルストーン
  BOEING 777X First Flight (WH001/N779XW)

◎ そのサイズ、パフォーマンスに現れたシリーズ25年目の進化形
  777Xのテクニカル・ディテール
 ・ 777Xのプロファイル
 ・ 777XのSPECと基本性能
 ・ 777Xのディテールを知る
  ①大型化した複合材料製のウイング
  ②主翼端を折り畳むメカニズム
  ③金属製の胴体でも、低い機内高度と大型の窓
  ④787スタイルのコクピット、操縦感覚
  ⑤最強かつ低燃費、GE9Xエンジン
  ⑥米国の主翼工場と、日本企業の関与
  777Xのオーダーリスト

◎ “777キラー”ことA350-1000とそのXWBファミリー
  A350XWBで迎え撃つエアバス
 ・ A350XWBのプロファイル
 ・ A350XWBのSPECと基本性能
 ・ A350XWBのディテールを知る
  ①鳥の翼のイメージで変形する洗練の主翼
  ②胴体もCFRP製。軽量にして強靭のフィジカル
  ③使いやすさを追求したインターフェイス
  ④専用のパワーソース、XWBエンジン
  新メンバーが続々誕生、A350XWBの勢力拡張

数字で見る777X vs. A350XWB

◎ ベストセラー機が鎬を削る 熾烈なシングルアイル機対決
  ライバル比較検証 737MAX vs. A320neo
  変遷/ラインナップ展開/エンジン/効率性とレンジパフォーマンス/運用状況
  
数字で見る737MAX vs. A320neo

イカロス出版
その他、内容盛りだくさんです!

まだお買い求めでない方はこちらからどうぞ。
楽天ブックスは送料無料です。

    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

おすすめ

広告

プロフィール

5月の雪

Author:5月の雪
飛行機、鉄道、車と乗り物全般が大好きです。
見ること、乗ることが好きです。知識はやや広めかつ浅く(部分的に掘り下げる)です…。
2015年にSFCを取得し、調子に乗って2016年はJGCを取得しました。
移動手段としてだけでなく、目的として飛行機に乗ることも楽しんでおります。

ANA:SFC Platinum
JAL:JGC PREMIER
DELTA:Silver Medallion
HILTON:なんちゃってGold member
Marriott(SPG):なんちゃってGold member

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

広告