記事一覧

ANA国際線とJAL国内線の最新形、出現 キャビン&シート ~月刊エアライン9月号



航空ファンのみなさま、こんばんは。
暑いですねぇ。
そして、いよいよ台風シーズン到来です。
この時期はフライトプランが狂いがちですし、夏休みで混雑するしチケット代も高いのでおとなしくしている乗り男です。

さてさて、月刊エアラインの2019年9月号は絶賛販売中です。
最新号の特集はANA国際線とJAL国内線の最新形、出現
キャビン&シート
です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AIRLINE (エアライン) 2019年 09月号 [雑誌]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/8/4時点)



今月号の内容は
【特集】 ANA国際線とJAL国内線の最新形、出現
キャビン&シート


◎ 777-300ER、長距離国際線新キャビン フルリニューアル
  ANA「THE Suite」「THE Room」

◎ 国内線は「JAL SKY NEXT」から“ ビスポーク”キャビンへ
  JAL A350-900国内線新シート誕生!

◎ JAL客室開発担当者×tangerine社デザイナーインタビュー
  A350国内線「ビスポーク」キャビンができるまで

◎ 東京ベースのデザイン会社「LIFT」インタビュー
  飛行機のキャビンをデザインするということ

◎ 進化を続けるキャビンプロダクト最前線 そのトレンドを読み解く
  国内外のキャビン最新事情 2019夏

◎ 乗りたくなる空間を生み出すコンサルティングという専門領域
  旅客機キャビンのデザイン最前線

◎ ロンドン・ベースの5大デザイン事務所
  ・tangerine ・acumen ・PriestmanGoode. ・Factorydesign ・JPA Design

◎ サービス開発担当者が集まる世界最大の航空機内装品の見本市
  Aircraft Interiors EXPO

◎ 機内でも開放感と自由を。それは旅客機最大のテーマ
  空間を再定義するコンセプチュアル・デザイン

◎ 新造機ほかリファービッシュ市場も成長 約10年で市場規模倍増の見通しも
  旅客機シートの業界、メーカー研究

◎ 旅客機シートの業界、メーカー研究
  ・シート業界のキープレイヤー
  ・RECARO Aircraft Seating 
  ・Thompson Aero Seating
  ・Safran Seats 
  ・ZIM FLUGSITZ
  ・Collins Aerospace 
  ・Geven 
  ・ジャムコ
  ・Adient Aerospace
  ・トヨタ紡織 


イカロス出版
その他、内容盛りだくさんです!

乗り男は新し物好きですので、早く体験したいところですが、ANA国際線よりはJAL国内線の方が早く体験することになりそうです。

まだお買い求めでない方はこちらからどうぞ。

    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

おすすめ

広告

プロフィール

5月の雪

Author:5月の雪
飛行機、鉄道、車と乗り物全般が大好きです。
見ること、乗ることが好きです。知識はやや広めかつ浅く(部分的に掘り下げる)です…。
2015年にSFCを取得し、調子に乗って2016年はJGCを取得しました。
移動手段としてだけでなく、目的として飛行機に乗ることも楽しんでおります。

ANA:SFC Platinum
JAL:JGC PREMIER
DELTA:なんちゃってGold Medallion
HILTON:なんちゃってGold member
Marriott(SPG):なんちゃってGold member

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

広告