記事一覧

MRTで市内へ向かいましょう

市内へ向かうのはMRTが便利です。
DSC17908.jpg
Train to Cityのサインに従っていきましょう。
MRT乗り場はT2とT3の間にあります。
DSC17911.jpg DSC17910.jpg
T2とT3をつなぐ連絡通路の真下にMRT乗り場があります。
真下に人が並んでいるところがSingapore Tourist Pass売り場です。
Singapore Tourist Passとは

Singapore Tourist Pass
Singapore Tourist Passとは、シンガポールの基本的な交通手段であるバス、MRT、LRT列車を、選択した1~3日間、乗り放題になるカードです。
1DAY-PASS:$10、2DAY-PASS:$16、3DAY-PASS:$20となっております。
ですが、デポジットの$10を加算した
1DAY-PASS:$20
2DAY-PASS:$26
3DAY-PASS:$30が実際の支払額となります。
デポジット分はカードを購入してから5日以内にMRTの各駅にあるチケットオフィス・パッセンジャーサービスに返却することで$10が払い戻しされます。
購入できる駅や購入できる時間帯は事前に調べておきましょう。
公式サイトはこちら
Singapore Tourist Pass

DSC17913.jpg
おっ、シンガポール航空のFAさんだ!と見れながら動く歩道を歩いていたらT3へ着いてしまいました(笑)
すぐのエスカレーターで下ればよかったのにね。
ぼ~っとしてたらいけませんね。

しかし、T3側にもTICKET OFFICEはあります。
DSC17916.jpg
ありました・・・が、係員がおらん。
時間的には空いているはずなのに(実際T2側は開いていた)。
T2側に戻るのも面倒だなぁ。
でも大丈夫。自動券売機がありました。
英語苦手ですが大丈夫だろうか・・・
Let's Try.
Singapore Tourist Passを自動券売機で買ってみましょう

DSC17917.jpg
なんとですね。日本語が選べます♡
DSC17918.jpg
必要な日数分のパスを選びましょう。今回、乗り男は1日しか滞在しないので1日パスを選びました。
DSC17919.jpg DSC17920.jpg

必要人数を選びます。すると支払額が表示されます。
クレジットカードで決済できます。
JCBカードも普通に使えます。便利ですね。
DSC17921.jpg DSC17922.jpg
決済中。
DSC17923.jpg購入完了~。
なんといっても日本語対応なのがありがたいでした。

では、市内へGoです。
DSC17924.jpg DSC17925.jpg

改札は写真撮り忘れましたが、基本的に日本の鉄道と同じですね。
Passをかざして入場します。

空港線は2駅先のTanah Merah(タナメラ)駅との間の往復運転です。
DSC17927.jpg DSC17926.jpg
Tanah Merah駅に着いたら乗り換えです。
To Cityと書いてある側のホームで待てばよいので間違えにくいです。
乗り男はひとまずHilton Singaporeに向かうためにEast West LineでCity Hallまで行きまして、
North South Lineに乗り換えて最寄りのOrchardまで向かいました。
東京や大阪の地下鉄に乗りなれている人なら特段なんてことはないですね。

市内観光に使える時間は12時間強ですので、有効に使うことにしましょう。

人気ブログランキング
    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

おすすめ

広告

プロフィール

5月の雪

Author:5月の雪
飛行機、鉄道、車と乗り物全般が大好きです。
見ること、乗ることが好きです。知識はやや広めかつ浅く(部分的に掘り下げる)です…。
2015年にSFCを取得し、調子に乗って2016年はJGCを取得しました。
移動手段としてだけでなく、目的として飛行機に乗ることも楽しんでおります。

ANA:SFC Platinum
JAL:JGC PREMIER
DELTA:なんちゃってGold Medallion
HILTON:なんちゃってGold member
Marriott(SPG):なんちゃってGold member

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告