クラスJのウルトラ先得、スーパー先得、先得-Bは設定されなくなったのです・・・

こんにちは、乗り男です。

先得先行予約201801
JAL先得(2018年3月25日~2018年10月27日搭乗分)の先行予約が昨日より開始されましたね。

先得先行予約201801②
例年通りですが予約開始時期は、まずはステータスホルダーから始まり、JALカード会員→JMB会員→すべてのお客様と
多少の差別化がなされております。


乗り男としては4月以降の勤務体制が不確定なこともあり、多くの予約をぶち込むことはできずにいるのですが、
とりあえず料金設定などを眺めていたのです。

こちらはある日のKOJ →HNDです。
先得先行予約201801③
うわっ、ウルトラ先得もスーパー先得もクラスJは取れないじゃん!
って思ったのですが、
3月24日(土)搭乗分をもって、クラス Jウルトラ先得の設定を終了いたします。となっていたのですね。
ノーマークでした。
もちろん、今まで通り空席さえあれば、当日空港でのアップグレードはできるのですけどね。
早々にクラスJを確約したければ高い運賃を支払いなさい。
安い運賃しか払わないのならば普通席で我慢したまえ!

ってわけではないのでしょうけれど。

まあ、航空会社としては高い運賃を払ってくれる顧客のほうがありがたいわけで・・・

クラスJを確約するためにはすくなくとも先得-Aで取らねばならず、そうするとプラス2~3千円か・・・
せめて特便割引だったら400FOP加算があるからいいのですけどね。

不人気路線だったら当日アップグレードに期待してウルトラ先得で、長距離の人気路線だったら先得-AでクラスJを押さえておくとか考えないといけませんかね。
早く抑えておいたのに当日ガラガラだったら、ちょっと切ないですけど。

え?けち臭いことばかり言うなって?
お金が有り余ってるわけではないのでね(笑)

    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ


関連記事

コメント

非公開コメント