のんびりランチ ~おれんじ食堂体験記~ その③

だらだらと書いております、乗り男です。
いよいよメインのスペシャルランチが登場しますよ!

DSC12262.jpg DSC12257.jpg
出水駅に到着しました。
右の写真はJR九州の出水駅です。新幹線が停まるほうですね。


DSC12260.jpg 
メインの料理を積み込んでいる間にホームの端まで行きましたところ、
蒸気機関車が展示されておりました。
DSC12267.jpg DSC12263.jpg 
出水といえばツルの越冬地として有名です。
この時点(H29年11月下旬)では飛来数が15,360羽だったようです。

DSC12249.jpg DSC12304.jpg
出水駅で頂いたお土産品はコチラの豚なんこつのやわらか煮。だったと思われます。
すでにほろ酔いを通り越していましたので若干記憶は曖昧になっております。
三蔵となっているので、きっとそうだったはず・・・

DSC12250.jpg DSC12251.jpg 
メイン料理の準備も着々と進んでおります。

DSC12240.jpg
本日のスペシャルランチのメニューはこちら。
出水市にある農園レストラン三蔵さんによる鹿児島のお肉をメインとした和洋折衷のコースとなっております。

DSC12269.jpg DSC12270.jpg

まずは太刀魚入り茶わん蒸しからスタートです。

DSC12271.jpg
続きましてお重が登場です。
DSC12272.jpg DSC12274.jpg
上段は 野菜のさつま揚げ、あおさのの卵焼き、鯛の雲丹焼き、煮物
下段は たか海老ときびなごの衣揚げ、芦北牛のステーキ焼き肉風となっておりました。

ここまで食したところで阿久根駅に到着です。
DSC12275.jpg DSC12279.jpg
阿久根といえばボンタンが名産です。
ホームにも(笑)
DSC12283.jpg DSC12282.jpg
みなさんもうお分かりですね。
こちらの駅舎も水戸岡鋭治 大先生によるデザインで改修されたものです。

駅舎の外に出てみますと
DSC12280.jpg
昔懐かしの寝台特急なはの車両が留置されております。
鹿児島本線時代に新大阪~西鹿児島(現鹿児島中央)間で運行されていたんですよね。
1度しか乗車することはありませんでしたが、非常に懐かしいです。
2009年~「あくねツーリングSTAYsion」という宿泊施設として使われていましたが2014年に閉鎖となってしまいました。

DSC12285.jpg DSC12287.jpg
阿久根のお土産品は機体を裏切らないぼんたん漬けでした。

列車は阿久根駅を発車し、のんびり旅もいよいよ終盤に突入です。
DSC12288.jpg DSC12289.jpg

メインディッシュとなりますこちらはいずみ鶏のパン粉焼き(チーズとハーブ)熟成トマトソース。
ご飯は伊佐米、お漬物、そして薩摩汁。
DSC12291.jpg DSC12290.jpg
車窓の景色も楽しみながら、のんびりゆったりと贅沢な時間が流れています。
DSC12296.jpg
河内晩柑のロールケーキ、自家製さつまいもの黒糖煮、季節のフルーツ、そしてコーヒーをデザートに頂きました。

最後の停車駅となる薩摩高城駅に到着です。
DSC12299.jpg
駅のホームを出て遊歩道を2分ほど歩いてたどり着いた丘の上からエメラルドグリーンに輝く東シナ海を見下ろすことができます。DSC12300.jpg DSC12301.jpg
このハートを通してにハート形にみえる岩肌がありますね~。

薩摩高城駅を出発しますと間もなくこの旅の終着駅となる川内駅に到着です。
DSC12302.jpg
こちらは反対側に停車していた平川動物公園のラッピング車両。
川内駅の写真は撮っていなかったようです。

【まとめ】
肥薩おれんじ鉄道の観光列車「おれんじ食堂」に乗車しました。
ゆっくりと時間をかけて食事と沿線各地を楽しむことができました。
飛行機での移動はポイントtoポイントなので、飛行機では味わえない楽しみがありますね。
たまにはこういうゆったりとした旅もいいものです。
日本各地でこのような観光列車やクルーズトレインが運行されていますので、いろんな列車に乗車してみたいものです。

乗り男でした。
   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ



関連記事

コメント

非公開コメント