ボーイング787初号機が12月17日にFLIGHT OF DREAMSへ移動します。

みなさま、おはようございます。

2018年夏の開業を予定している複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」ですが、
なんといってもその目玉はB787初号機(ZA001)の展示です。
というか、ほぼそれが目的といっても過言ではないでしょう?

ZA001の施設内への搬入イベント

ZA001移動
FLIGHT OF DREAMS ~セントレアHP~
B787の初号機がセントレアに寄贈されたのが、2015年6月22日。
ずっと駐機場の隅っこにポツンとたたずんでおりました。

この度、2017年12月17日にFLIGHT OF DREAMS内へ移動させることとなりました。
移動開始は11:30頃を予定しており、荒天の場合は翌日以降に延期だそうです。
なお、イベントの詳細は12月8日(金)に上記ページにて発表されるようですが、
移動を間近で見られるなんてステキすぎます。

これで、ようやく施設内へと移動するということで、雨ざらしから解放されることになります。
いやあ、見に行きたいところですが、残念ながら日程が・・・


展示エリアのスポンサー公表

「Flight of Dreams」の展示エリアに関しましてスポンサーとして、全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL)の2社が参画することも発表されました。
体験型コンテンツ10カ所のうち、2カ所ずつに参画するのだそうです。
これらの体験型コンテンツをプロデュースするのは、デジタルコンテンツを手がけるチームラボです。

ANAのコンテンツ

FOD ANAコンテンツ①
実機と空間全体を使ったプロジェクションマッピング
超体感演出 (仮称)
ボーイング787初号機実機と空間全体をダイナミックに使用したプロジェクションマッピング。観覧エリアから見るとまるで飛行機が飛んでいるかのような没入感が感じられる「超体感」演出が楽しめます。


FOD ANAコンテンツ②
描いた飛行機が空を飛びまわる
お絵かき飛行機 (仮称)
自分で描いた飛行機をスキャンすると、その飛行機がドーム空間内の空を飛び回ります。タブレットで操縦もでき、楽しみながら飛行機が飛ぶしくみが学べます。



JALのコンテンツ

FOD JALコンテンツ①
紙飛行機を使って「飛ぶ」しくみの理解を深める
紙ヒコーキを飛ばす (仮称)
紙飛行機を折って光のゲート空間に飛ばし、「飛ぶ」しくみの理解を深めるコンテンツです。どうしたら遠くまで飛行機が飛ぶのか、自ら試行錯誤を重ね、考えながら挑戦します。飛距離によって光のゲートの音や色が変わり、その時その場でしか味わえない演出を楽しめます。



FOD JALコンテンツ②
ヴァーチャルお仕事体験
お仕事体験 (仮称)
パイロット、CA、整備士など航空会社のお仕事をヴァーチャル体験できるコンテンツです。



ボーイングストアを常設

商業エリアには、米シアトルで展開するレストランバー「THE PIKE BREWING(パイクブリューイング)」とスターバックスコーヒーが入居を予定しているようです。
そして、ボーイングのグッズショップ「ボーイングストア」も常設されるのだそうです!
これは、米国外では初めてなんですって!
ぜひ、行ってみたいところです。
2018年、夏が楽しみですね。

11月30日にはあいち航空ミュージアム、MRJミュージアムもオープンしていますし、愛知県は航空ファンにとってはアツい地域となりそうです。

乗り男でした。

記事中の引用および写真の出典:FLIGHT OF DREAMS(セントレアのHP)

    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ




関連記事

コメント

非公開コメント