下地島空港の旅客ターミナル施設整備開始

広 告

昨日、下地島空港の旅客ターミナルビル整備に関する発表がありました。

以下は三菱地所のプレスリリースより

 三菱地所株式会社は、沖縄県宮古島市伊良部地区において計画を進めてまいりました下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営及びプライベート機受入事業について、本日 2017 年 10 月 11 日に「下地島空港旅客ターミナル施設」新築工事に着工、地鎮祭を開催しましたのでお知らせいたします。本施設は 2019 年 3 月に開業予定です。
 本事業は、沖縄県・下地島空港において旅客ターミナル施設を整備し、国際線・国内線旅客の取扱い、並びにプライベート機等の受け入れを行うものです。2015 年 12 月、沖縄県へ事業実施についての提案を行い、2017年 3 月に沖縄県と基本協定を締結、今般着工する運びとなりました。
下地島空港
【本事業の特長】
沖縄県・宮古諸島を国際的なリゾートへ
 国内屈指のリゾート地として人気の高い宮古諸島に、国際線機能を整備し国際的なリゾート地への更なる成長に貢献。下地島空港を、パイロット訓練飛行場としての機能のみならず、一般旅客が使用できる空港として再出発を図る。
「空港から、リゾート、はじまる。」をコンセプトとした空間づくり
 空港に到着した瞬間にリゾート体験のはじまりを感じてもらえるよう、「空港から、リゾート、はじまる。」をキーコンセプトに掲げ、豊かな緑や自然の光、自然の風を取り込む等リゾート感を演出。また、ターミナル敷地内にレンタカーの乗り出し・返却エリアを整備する等旅行者の動線を意識した設計。
「CLT※1 の活用」・「ネット・ゼロ・エネルギービル※2」、2 つのエコへの取り組み
 本施設では、空港ターミナルとして全国で初めて、CLT(直交集成板)を屋根の構造材に採用。また、同様に空港ターミナルとして全国初となる「ネット・ゼロ・エネルギービル」の取り組みを実施。2 つのエコへの取り組みで「エコアイランド宮古島」に相応しい施設を目指す。

今後、下地島空港の持つ宮古圏域の玄関口としての高いポテンシャルや、リゾート感あふれる立地を活かしつ
つ、当社が持つノウハウや知見を用いて、下地島空港及び空港周辺地域の活性化を推進し、内外交流人口拡大に
よって地域活性化に貢献して参ります。
また、本事業のみにとどまることなく、沖縄県での事業拡大を目指します。

※1 CLT…Cross Laminated Timber の略。1995 年頃からオーストリアを中心として発展してきた新しい構造材で、板の層を各層で互いに直交するように積層接着した大判パネルのこと。
※2 ネット・ゼロ・エネルギービル(ZEB)…先進的な建築設計によるエネルギー負荷の抑制やパッシブ技術の採用による自然エネルギーの積極的な活用、高効率な設備システムの導入等により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギー化を実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、エネルギー自立度を極力高め、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した建築物
引用 : 三菱地所プレスリリース(2017年10月11日)





下地島空港は各航空会社が訓練に使用していました。
しかし、日本航空(JAL)が2012年度末、全日空(ANA)が2014年度末に訓練から完全撤退しています。
現在は琉球エアコミューター(RAC)、海上保安庁所属の小型機の訓練に使用されています。
格安航空会社(LCC)のバニラエアも2017年10月より訓練を開始しています。
現状では一般旅客が使用する旅客ターミナル施設は整備されていません。

下地島空港と宮古空港の位置関係

下地島空港③
ところで、下地島空港は下地島にありますが、宮古空港から直線距離で約20Km程しか離れていません。
伊良部島と下地島はわずかしか離れておらず短い橋で結ばれています。
さらに宮古島と伊良部島が伊良部大橋で結ばれており、下地島と宮古島は陸路で移動できるわけです。
この話が以前出たときに、果たしてどれだけの需要があるのだろうと疑問でした。
正直なところ宮古空港だけで十分じゃない?って思いました。

新規路線開拓

三菱地所の思惑としては
・ 国際線では沖縄への観光客が多い台湾や香港、宮古島へのチャーター便を運航している韓国など、アジア地域を中心に路線開拓を行う。
・ 国内線では格安航空会社(LCC)を中心に主要都市からの路線開設を目指し、沖縄県と協力し誘致活動を進めます。
とあります。

下地島空港イン、宮古空港アウトとかその反対で、ってのもありかな。
FSCとLCCですみ分けられるかもしれませんね。

新ターミナル

「空港から、リゾート、はじまる。」をコンセプトとした空間づくりを行うのだそうです。
新設される旅客ターミナルは13,840平方メートルの1階建てで、到着した瞬間にリゾート体験のはじまりを感じられるように豊かな緑や自然の光を取り込み、搭乗直前まで利用者がくつろげる空間を演出する造りとなるようです。
また、ターミナル正面にレンタカーの業者を配置することで旅行者のスムースな動線を意識した設計とするようです。
到着後の移動はレンタカーがメインとなるでしょうから使い勝手はよさそうです。
下地島空港②

何はともあれ、完成したら一度は行ってみたいです。
できれば工事中と完成後に。

引用元 : 三菱地所プレスリリース(2017年10月11日)

    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ



関連記事

                   広 告

コメント

非公開コメント