JALも国内線にB787を導入へ

広 告

こんにちは、乗り男です。
B787を国際線でのみ運用していたJALですが、
ついに国内線仕様機を導入することに決めたそうです。
以下は本日発表されたプレスリリースより。

787_0921.jpg日本航空株式会社(本社:東京都品川区 社長:植木 義晴 以下、「JAL」)は、Boeing(本社:シカゴ:会長、社長兼CEOデニス A. マレンバーグ 以下、「ボーイング」)が製造する、国内線仕様のボーイング787-8型機を2019年より初めて4機を導入します。
現在、JALでは、国際線機材としてボーイング787-8型機を25機導入し、ボーイング787-9型機も9機導入しています。(計20機発注)LED照明や電子シェードなど機内の設備も先進的であり、お客さまには、大変ご好評をいただいています。また、機内での快適性はもちろんのこと、非常に低騒音で運航できる機材であるということが大きな利点です。この利点を最大限活用すべく、東京(羽田)=大阪(伊丹)線を中心とした大阪国際空港(伊丹)発着路線への導入を行い、空港周辺における騒音低減に努めてまいります。

JAL プレスリリース(2017年9月21日)より



B777はA350へと置き換えていく事が決まっていますが、
B767はどうするのだろうと思っていましたが、B787へ置き換えていくのでしょうかね?
とりあえず、発表されたのはB787-8を4機ですが、
この先増やしていくのでしょうか。
楽しみです。

    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ



関連記事

                   広 告

コメント

非公開コメント