国内線保安区域に入れるようになるって?

どうも、乗り男です。
2017年7月19日の日経新聞にあった記事。
  国内線見送り
国内線見送り、搭乗口までOKに 年内にも規制緩和  日本経済新聞

国土交通省は年内にも、全国の空港で保安検査場から搭乗口までの「保安区域」の入場規制を、大幅に緩和する。飛行機に乗らない人でも入れるようにして、飲食店や土産物店などが出店しやすくする。搭乗客は飛行機に乗る直前まで買い物や食事を楽しむ機会が広がる。搭乗口で家族や友人との別れを惜しむこともできるようになる。空港内での消費を盛り上げるねらいがある。
引用 : 日本経済新聞


だそうですが、いかがなものでしょうか?

もちろん、国際線は対象外とのことです。



やはり一番の問題点はセキュリティ面でしょう。
当然ながら、搭乗客と同様にセキュリティーチェックは行われるのでしょうけれど。

ただ保安区域に入る人が増えれば、手荷物検査をする保安検査場が混雑する可能性がある。空港側は、搭乗客以外の利用者が買い物を終えた後に帰るための専用口を設けるなどの対応も必要になる。
引用 : 日本経済新聞


上記のように書かれていますが、羽田空港をはじめとする現状でも混雑している空港においては更なる混雑を招きますよね。
保安検査場だけでなく保安区域に関しても混雑してしまいます。
結局、今まで以上に早く保安検査場を通過しないといけなくなるのではないでしょうか。

乗り遅れる人も増えそうですし、遅延にもつながりそうです。
保安検査場の増設や人員確保の問題もあります。
クリアする問題も多く、そんなに急いで年内に規制緩和する必要はないと思います。

保安区域に出店する店舗が増えると搭乗客にとっては便利になるかもしれませんけど。
ただ保安区域も拡大しないといけないような気がしますが・・・
それは無理な話ですね。

帰りの専用口は作らなくてもいいような気がしますが・・・

どれだけ消費拡大につながるのかも疑問です。
地方空港ならまだしも拠点空港ではやらないほうがいいじゃないかなぁ。

    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ



関連記事

コメント

非公開コメント