宮崎空港へ その② 空港の概要など

  DSC11025.jpg
はい、宮崎空港へやってきました。

宮崎空港の概要

所在地 : 宮崎県宮崎市赤江
空港の種類 : 第2種空港
空港の面積 : 1,766,119m²
標点位置 : 北緯31度52分38秒、東経131度26分55秒、標高5.9m
滑走路 : 2,500m×45m
エプロン : 16バース(大型ジェット用5、中型ジェット用1、
       小型ジェット用2、プロペラ機用2、小型機用6)
ターミナルビル : (階層) 地上3階 一部4階
           (主要構造) 鉄骨鉄筋コンクリート
           (床面積) 29,265.57㎡

宮崎空港の歴史

  DSC11003.jpg
昭和18年 : 旧海軍飛行基地として建設される。
昭和29年 : 運輸省航空大学校の訓練飛行場となる。
        極東航空(現ANA)が大阪~福岡~宮崎線を開設し民間空港としても利用開始。
昭和32年 : 共用飛行場として告示。A滑走路1,300m、B滑走路1,340m。
昭和37年 : A滑走路1,500m、B滑走路1,360mに変更。
昭和38年 : ターミナルビル完成。
昭和41年 : ローカル空港として初のジェット機(B727-100)就航。
        A滑走路を1,800mへ延長。
昭和54年 : A滑走路を1,900mへ延長。
昭和55年 : B滑走路を廃止。
平成2年 : 現在のターミナルビル完成。
       滑走路を2,500mへ延長。
平成8年 : 宮崎空港線(JR九州)開業。
平成11年 : ターミナルビル増改築工事完成。
平成13年 : 国際線定期便就航。
平成16年 : 開港50周年。

昔は滑走路が2本あったんですね。
B747が就航していた時期もあったとは!
知りませんでした。

就航路線

  DSC10954.jpg
国内線が5路線
東京(羽田) : ANA、JAL、Solaseed Air
大阪(伊丹) : ANA、JAL、IBEX
名古屋(中部) : ANA
福岡 : ANA、JAL、IBEX
沖縄(那覇) : ANA、Solaseed Air

国際線が2路線
韓国(ソウル) : アシアナ航空
台湾(台北) : チャイナエアライン
となっています。


宮崎空港へのアクセス

宮崎市中心部から空港までは車で約20分、バスで約25分、JRで約10分です。
空港までJRが乗り入れていて便利です。
割と中心地から近い点はいいですよね。

JR九州宮崎空港駅

  DSC11026.jpgDSC11022.jpg
空港を出るとすぐそこが宮崎空港駅です。

  DSC11011.jpg
宮崎空港線も開業20周年です。

  DSC11012.jpg
階段を上りますと、そこはすぐに改札で、
目の前には1面2線の頭端式ホームがあります。
とてもコンパクトな駅です。

  DSC11014.jpg
時刻表は寂しいですが、地方空港ですからね。こんなものでしょう。
それもあってか、特急列車も南宮崎駅、宮崎駅までは乗車券で利用できます。

  DSC11017.jpg
こちらは九州新幹線が開通するまでは鹿児島本線で大活躍していた787系
飛行機の世界では787といえばボーイング787ですけど、
JR九州好きな人にとっては787といえばこちらになります。
因みに乗り男はどちらも大好きですよ!

おっと、電車の話ではありませんでしたね。
宮崎空港散策はもう少し続きます。

    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ



関連記事

コメント

非公開コメント