税金や公共料金をnanacoでお支払い



どーも、乗り男です。

自動車税や住民税をはじめとする各種税金や公共料金の支払いって皆さんどうされています?
支払い用紙にバーコードがついていればコンビニで支払いができて便利ですよね。
でも、この手のやつはクレジットカード払いができないのが欠点です。
割と高額だったりするとクレジットカードが使えたらポイントがたくさんつくのに~、って思いますよね?
自動車税だと都道府県によってはネットでクレジットカード決済ができるのですけどね。

ところがですね。
なぜかセブンイレブンではnanacoでの支払いができるのです!
えっ、nanacoでの税金・公共料金の支払いじゃnanacoポイントはつかないじゃん!と思いますよね。
でもnanacoへのチャージをクレジットカードから行うことで、クレジットカードのポイントがたまります。
結果として節税にもつながるわけです。

  nanaco.jpg
nanaco公式サイト

nanacoで税金を支払う際の注意点

コンビニで税金を支払えるのは30万円以下に限られます。
これは、そう決まっているので仕方ありません。
そもそも30万円を超える場合はバーコードがついていないと思います。
そのようなときは請求書の発行元に連絡して分割してもらいましょう。

nanacoには10万円までしかチャージできません

nanacoで税金を支払う際には、まずクレジットカードでnanacoへチャージする必要があります。
しかし、nanaco自体には5万円までしかチャージできず、センター預かり分5万円をいれても10万円が上限となります。
複数枚のnanacoを使うという手はありますけどね。


nanacoへのチャージでポイントがたまるクレジットカードは限られています

クレジットカードならどれでもポイントがたまるわけではなく、意外と限られています。
ポイントのつかないクレジットカードからチャージしては意味がないので要注意です。
あと、nanacoに紐づけられるのは1つのクレジットカードだけです。
ただしnanaco モバイルであればもう一枚のnanacoカードと合わせて紐づけが可能となります。

乗り男はセブンイレブンよりファミリーマート派だったので、nanacoは使っていませんでした。
持ってはいたのですけどね。
今回、初めてnanacoで税金支払いをしてきました。
その時のことはまた書きますね。



無料で現金化!お小遣い稼ぎポイントサイトPONEY!
こちらから登録されますと5,000ポイントもらえます。


  


関連記事

コメント

非公開コメント